妖艶な赤が彩るかつての遊郭跡「福隆新街」は風情あるフォトジェニックな通りだった

2度目のマカオ旅行は、初めての旅行の時に行けなかった場所へ行くことが一つの目標となります。
ここ、福隆新街(Rua de Felicidade/フォツロンサンガーイ)は、前回の旅行で素通りしてしまい、帰国してからガイドブックを見て「しまった!通ったのにまともに見ていない!」と後悔した場所の一つです。ガイドブックでは「ディープな下町」として紹介されていて、スポット写真のコメントに「真っ赤に塗られた2階の窓枠」と書かれていました。他のスポット写真も赤がとても目立つものばかり。どんなのかぜひ見たいと思い、今回、行ってきました!
d0362541_19370573.jpg
天通街という通りから、この福隆新街に入ると、まずは淡いレモンイエローの外壁の建物が並ぶ場所に到着。
街灯は洋っぽいしでポルトガルの雰囲気が残る場所でした。レモンイエローの外壁の建物の先に赤の窓枠と赤い扉の建物が並んでいます。赤って中国提灯のイメージがあるのもあって、この場所はとても中国の雰囲気があるなぁというのが最初の感想でした。でも、そのすぐそばにはポルトガルの雰囲気。福隆新街は中国と南欧、ポルトガルの街並みを同時に見ることができる、とてもエキゾチックな空間でした。
ポルトガルの雰囲気が残る場所の路地をのぞいてみると、
d0362541_19370597.jpg
ここはポルトガル?と思ってしまいそうな雰囲気の空間があります。
d0362541_19281653.jpg
街灯とお店の看板、お店の外に設置された日よけのオーニングはヨーロッパのような雰囲気なのに、赤の窓枠が中国の雰囲気で、とっても風情のある空間となっている福隆新街です。
d0362541_19370595.jpg
約200メートルほどの通りの両側には、長屋のような2階建ての建物が続きます。古びた白壁に映える赤い格子の窓枠や扉がとても印象的でした。
d0362541_19370524.jpg

d0362541_19281776.jpg
d0362541_19372785.jpg
ここはかつて遊郭があり、マカオの歓楽街として夜な夜な人が集まった場所なのだそう。この赤がどこか妖しげな、艶っぽい雰囲気を感じるのはその名残でしょうか?
今は、その風情ある街並みをそのまま残して、飲食店やお土産屋さんとして建物が利用されています。
d0362541_19281686.jpg
とある建物の前に、行列ができていました。並んでいる人たちが中国語を話していたので、中国のガイドブックに掲載されている人気店なのかなぁ?と思いつつ、お店をのぞいてみたら、けっこうコンパクトな店内にお客さんがいっぱい。何を食べているのかわからなかったけれど、並んでまで調べるという気分でもなかったのでスルー。しかし、実はこちらのお店「添發碗仔翅美食」は、フカヒレが安く食べられる店だそうで、帰国後にたまたま観ていたBSの番組で紹介されていました。しまった、行っておけば良かった!と後悔しました。

このお店をスルーして、私たちがお昼を食べたお店は、前回と同じく祥記麺家です。

d0362541_19372741.jpg
こちらのお店はことりっぷやるるぶなどのガイドブックに掲載されているし、お店の窓には、雑誌に掲載されたと見られるページのコピーが貼られているところを見ると、日本以外でも紹介されているお店のようです。こちらもお店に到着した時は3~4組ほどのお客さんが並んでいました。
店内はもちろん満席!テーブル相席は当たり前です。丸テーブルで他のお客さんと座ったら、2名席が空いて、店員さんがそっちにどうぞってジェスチャーで教えてくれました。相席でも良かったのにすみません!
d0362541_19372782.jpg
d0362541_19281724.jpg
雲呑スープです。前回訪問時は、麺入りを注文したのですが、この日は朝食で甘いものをがっつり食べていたからお腹がそこまですいていなかったので、麺なしで。ここの雲呑はエビがプリプリでとてもおいしいのですよねぇ。今回も大満足のおいしさでした。
d0362541_19372712.jpg
ガイドブックに掲載されている蝦子撈麺は、エビの卵を塩辛風に味付けしたものがふりかけられた汁なしの麺です。コシの強い手打ちの細麺に、このエビの卵を絡めて頂きます。塩加減が絶妙で、とってもおいしい。初めて食べたときにすっかり気に入ってしまい、今回も再注文ですが、やっぱりこれは外せませんね。お値段は他の麺料理が20~28MOP(約320円~450円)で食べられるのと比べると少しお高めで、42MOP(約672円)です。エビの卵が高級品なのかなと思っています。

◆食べたもの(レート:1MOP3.6=1香港ドル=約16円)
鮮蝦雲呑 20MOP(約320円)
蝦子撈麺 42MOP(約672円)
------------------------------------------------------------
total 62MOP(約992円)

d0362541_19281738.jpg
天通街から福隆新街を北のほうへと進むと、中国色が強くなり、飲食店やお土産屋さんが増えてきます。この辺りはガイドブックに掲載されている、マカオ料理のレストランやお粥がおいしいと評判のお店もあります。
マカオ半島観光の中心となるセナド広場から歩いて5分くらいの場所なので、世界遺産巡りの途中で立ち寄ってみてください。
赤の格子窓と扉が印象的な通り、福隆新街に来たら、写真撮りたくなりますよ。

d0362541_19370612.jpg
赤い格子の窓枠だけでなく、緑に塗り替えられた窓枠もありました。これはこれで素敵でした。レモンイエローの壁と並んで、信号機のような配色?!



にほんブログ村

↑クリックありがとうございます♪



↑トラベルjp<たびねす>でマカオのガイド記事書いています。


うちはことりっぷとるるぶの2冊持ち。


旅行の時はカメラカバーがあった方が良いなぁと思いました。私が雑だから特に(汗)

カメラケースとお揃いストラップ




インスタやってます。趣味全開ですが・・・。遊びに来てね♪


今更感満載で、アカウント作っていませんでしたが、ツイッターも始めてみました。超初心者で何が何だか(汗)→


[PR]
Commented by renchiyan3 at 2018-02-26 05:22
おはようございます
昨日は遊びに来てくれてありがとうございます マカオの食べ物
私でも食べれそうです どんな味なのかな・・・
Commented by マハロパパ at 2018-02-26 08:09 x
3月末にマカオに行くことになりました。
短い滞在だから、どこまで回れるかわかりませんが、情報は参考になりそうです。ありがとうございます。
Commented by travelertsubotomo at 2018-02-27 20:42
renchiyanさん

こちらこそイイネ!下さりありがとうございます!
マカオは中華とポルトガル料理がありますが、魚介を使った料理がけっこう多くて、私は食べ物で困ることはありませんでしたよ~。ご旅行の機会ありましたらぜひ。
Commented by travelertsubotomo at 2018-02-27 20:43
マハロパパさん

おおっ!マカオ旅行ですか!いいですねぇー。うらやましいです!
マカオ半島で世界遺産巡り、でしたら1日あれば充分回れると思いますよ。
私のブログ、更新が遅いから、参考にならなくてすみません。
ぜひ楽しんできてください♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by travelertsubotomo | 2018-02-25 15:12 | マカオ | Comments(4)

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。旅行ガイドメディア トラベルジェイピー・ナビゲーター。国内旅行業務取扱管理者。台湾公認インスタグラマー。ジュニア・ティーアドバイザー(ChaTea紅茶教室)


by tomo
トラベルジェイピー・ナビゲータープロフィール


にほんブログ村

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31