沖縄県立博物館・美術館内のカフェ カメカメキッチン

d0362541_15542543.jpg

那覇の新都心にある沖縄県立博物館・美術館内に素敵なカフェができました!
カフェの名前は、ミュージアムカフェ カメカメキッチンです。2017年5月にオープンしていたそうなのですが、博物館・美術館でお目当ての展示物がない限り、ここにはなかなか行かないのでカメカメキッチンの存在を知ったのは、オープンしてからしばらくしてから。と言うか、この時期って、私、骨折していたから引きこもっていたわ(汗)だから分からなかったのだろうなぁ。
d0362541_15522573.jpg
外を歩けるようになった昨年の秋、博物館・美術館前で、こちらの看板や「パスタランチ」と書かれたのぼりを見かけました。まず、この食材くわえたシーサーと手に持つうめーしー色のスプーンとフォークに食いつきました。何このキャラクターかわいい!!しかもパスタランチですって?!これは、気になる!
ちなみに「うめーしー」は沖縄で使われているお箸で、赤と黄の色合いが素敵なんです。

と言う事で、先日カメカメキッチンへ行って来ました!


↑ガイド記事が掲載されました。こちらもご覧頂けたら嬉しいです!
d0362541_15522521.jpg
カメカメキッチンの「カメ」は、生き物の亀さんのことではありません。沖縄で、「カメーカメー」は、「食べて食べて」という意味で、これは沖縄の方言です。沖縄の食材をもっと知って欲しい、食べて欲しいというオーナーさんの想いが込められた店名です。カメカメキッチンのメニューを見ると、オーナーさんのそんな想いが伝わってきます。
ランチメニューのパスタには沖縄の素材が使われたものがあったり、常時提供されるホットドック「カメカメ琉球ドック」はその名の通り、琉球(=沖縄)テイストいっぱいだったり、スイーツにも沖縄のものが使われていたりします。
d0362541_15522576.jpg
白の柱と壁に、木目のテーブルやイスのナチュラルな色合いが素敵な店内。窓際から注ぐ外からのやわらかい光でより明るく感じる室内でした。
d0362541_15522515.jpg
店内の奥には小さなお子様連れでも食事が楽しめるように、ローテーブルとチェアが置かれた席が3つ用意されていました。家族で美術館訪問した後の休憩で気軽に利用できるのが嬉しいですね。
白壁に飾られている魚が描かれた作品、色合いが素敵で店内にマッチしているなぁと思って眺めていましたら、これはシルクスクリーンの版画で、オーナーさんのご兄弟の作品なのだそう。

お昼時に伺いましたので、さっそくパスタランチを。
パスタランチは、メインのパスタを選びます。仕入の状況や季節によりパスタメニューは変わりますが、だいたい3~4種類の中から選びます。サラダ、バケット、スープ、ドリンクはビュッフェ形式で、食べ飲み放題となっています。
d0362541_15522594.jpg
お伺いした日のビュッフェ。スープは大根とアーサーのスープでした。
d0362541_15530352.jpg
サラダのドレッシングはこの日3種類ありました。ドレッシングも手作りなのです。「リンゴのドレッシング」、「グレープフルーツとチアシードのドレッシング」、「カルダモンとヨーグルトのドレッシング」と、めずらしいものでした。
d0362541_15530450.jpg
パスタランチのセットを全て並べてみました~!スゴイ!ミュージアムカフェって聞くと、上品な印象を受けるので、提供されるお料理の品数や量も上品なのかなと思いましたが、そんなことはございません!上品なのは、このやちむんに盛り付けられたパスタの美しさですね。
パスタの器にやちむんが使われているのは嬉しいですね。博物館・美術館はアートにふれる場所だから、こんな風に沖縄の伝統工芸であるやちむんで料理が楽しめるのって、とても良いなって思いました。
d0362541_15530404.jpg
メインのパスタは、「季節野菜の農園風トマトソースパスタ」。名前の通り、野菜がたっぷりで、レンコン、イモ、ごぼう、人参、青菜が入っていました。レンコンやごぼうのしゃきっとした食感や、イモのねっとりした食感が面白くてとてもおいしかったです。こちら、野菜だけで、肉類は全く入っていなかったのですが、野菜の力強い味わいで充分!肉類が入ってなくても物足りなさがなくて、最後までおいしく頂きました。
d0362541_15530372.jpg
パスタだけでも充分満腹なのですが、こちらはどうしても気になっていた、カメカメ琉球ドックから、トロトロソーキドックを。ホットドック用のパンに甘辛く煮付けられたソーキと、沖縄そばを彷彿とさせる紅しょうがのトッピング、彩りよく添えられたレタスとピンク玉ねぎの具材が挟まれたホットドックです。まさかこのソーキ達も、沖縄そばのトッピングではなく、パンに挟まれるとは思っても見なかった事でしょう。でも、これが合うんです。何だろう~。不思議。沖縄そばもパンも、材料が小麦粉だから??
ソーキをホットドックの具にするなんて、どうやって思いついたのかな?と思って聞いてみたところ、
「うーん、何でしょう。こういうのがあったら面白いかなぁと言うのか・・・ここでしか食べられないもので、こんなのがあってもいいよねと言う感じですかね」
との事でした。確かに私はソーキのホットドックってこの日初めてカメカメキッチンで出会ったし、面白いって思ったし、おいしかったし!
こういう発想できるのって素敵だなぁ。私は創作意欲って全くないから、尊敬します。
カメカメ琉球ドックは他に、「厚切りポークたまごドック」と、「うま味たっぷりクープイリチードック」があります。ポークたまごは、沖縄ではおにぎりの具材としてポピュラーですが、パンと組み合わせると、どうなるのかな?それからクープ(昆布)イリチー(炒め)って、沖縄の定番おかずですが、これをパンと合わせたら一体?!どちらも気になるドックです。次回、食べてみたいものです。
d0362541_15534739.jpg
お茶の時間に訪問したら、頂きたいのはドリンクとス自家製スイーツですね。こちらもやちむんで提供されるので、目でも楽しむことができます。
d0362541_15534747.jpg
自家製スイーツの中の一つ、沖縄県産の黒糖が使われたガトーショコラは、濃厚な味わいがコーヒーにぴったり。ガトーショコラにおしゃれにトッピングされた黒糖の程良い甘さがほっとします。自家製スイーツは、他にも沖縄の食材が使われた魅惑的なものが色々あって、シークヮーサーとフーチバー入りのベイクドチーズケーキや、暑い季節に食べたいぜんざいなど、スイーツ女子はもちろん、スイーツ男子も気になるだろうラインナップでした。

カメカメキッチンで提供されるメニューは、なるべく県産の食材を使い、地元の人にも知らない使い方で提供できるようにしたいとの事。カメカメキッチンというミュージアムカフェから、文化の発信ができたらというオーナーさんの想いが伺えました。
d0362541_15530327.jpg
カメカメキッチンには、沖縄の作家さんの作品がありました。こちらのうめーしー色のスプーンとフォークはカメカメキッチンの看板シーサーたちが持っている物が再現されています!スゴイ!私がお伺いした時は入荷待ちだったようです。これ、県外の方は沖縄のお土産として持ち帰るのもいいですね。もちろん、沖縄の人が自宅で使うのも素敵。やちむんの器とうめーし色のスプーンとフォークで何を食べよう?そう考えるだけでもわくわくします。
d0362541_15534717.jpg
カメカメキッチンは沖縄県立博物館・美術館の中にあります。そのため、利用するのに入場料を払うのか?とか、駐車場は有料?といったことを地元の人は考えて、利用する敷居を高めてしまっているようですが、カメカメキッチンを利用するために、博物館・美術館へ入場料を払う必要はありません。博物館・美術館の建物に入ること自体は無料だし、もちろん駐車場も無料で利用できます。博物館・美術館の展示品を見るのには、それぞれ入場料(拝観料?)はかかりますが、カメカメキッチンの利用だけなら入場料は無料です。
なので、地元の人も観光客も、どんどん利用してくださいね。



にほんブログ村

↑クリックありがとうございます♪


↑トラベルjp<たびねす>のガイド記事もよろしくお願いします。


インスタやってます。趣味全開ですが・・・。遊びに来てね♪


今更感満載で、アカウント作っていませんでしたが、ツイッターも始めてみました。超初心者で何が何だか(汗)→


[PR]
トラックバックURL : https://travelertsubotomo.exblog.jp/tb/26394354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by セレンディピティ at 2018-01-29 17:02 x
tomoさん、こんにちは。
すてきなカフェ、そしてすてきなミュージアムですね☆
窓が格子になっているのは、沖縄の伝統的な建築でしょうか。
以前沖縄を訪れた時に、学校だったか、ミュージアムだったか見た記憶があります。
お料理もおいしそう♪
ソーキや黒砂糖など、さりげなく沖縄らしさが取り入れられているところがすてきです。
しかもやちむんでいただけるなんて感激です。フォークとスプーンもかわいいですね。
Commented by マハロパパ at 2018-01-31 12:37 x
>沖縄で、「カメーカメー」は、「食べて食べて」という意味
そうなんですか?!はじめて聞きました。語源は「噛め噛め」なんでしょうかね。なんか顎が痛くなりそう?(^_^)
最近は美術館併設のレストランが流行りなんでしょうか?こちら葉山や横須賀にもあります。
Commented by travelertsubotomo at 2018-02-01 18:57
セレンディピティさん

こちら、素敵カフェなんです!
ミュージアムの外観もアートで好きなのですが、中のカフェはあまり気にしたことがなくて。
昨年の5月に新しくオープンしたカフェで、その前がどんな風だったかが全然思い出せませんが、うめーし色のカトラリーを持ったシーサーがかわいい!と思いました。
窓の格子は私も、これは沖縄の建築なのかなぁと思いました。
新しく出来た集合住宅やお店でたまに格子の窓を見かけます。
会社の人の聞いてみますね。
頂いたお料理、とてもおいしかったですよ!沖縄食材がさりげなく取り入れられているのと、やちむんで頂けるというのが嬉しかったです。
このフォークとスプーン、かわいいですよね。
Commented by travelertsubotomo at 2018-02-01 19:06
マハロパパさん

多分、沖縄のご家庭ではおばあちゃんから言われることが多いのかな?と思います。私は言われたことないかな。
語源はマハロパパさんの推察通りみたいです。
「噛む=食べる」から転じて。と紹介していたサイトがありました。
www.tabirai.net/sightseeing/okinawa/info/useful/dialect.aspx

美術館併設のレストランやカフェ、多いのでしょうかね。
展示作品だけ見て帰る人が多いから、美術館のステイ率を上げたいのでしょうかね??
Commented by mokonotabibito at 2018-02-03 09:06
沖縄県立博物館のカフェ紹介、興味深く拝見しました。
食べ物も良いですが、その器や沖縄陶芸作家の作品に惹かれました。
私は、金城先生なのどの食器を愛用していますが、ここにも行きたくなりました。

私のほうは、無事、マルタから帰国しました!
写真展が迫っておりますのでバタバタしております。
ブログも、たびねす記事も再開しましたので、また、お読みいただければ幸いです。

ポチ♪
Commented by travelertsubotomo at 2018-02-07 16:18
模糊さん

無事帰国されて何よりです。お疲れさまでした。
写真展もありますから、今月はいつにも増してご多忙のことと推察しております。
寒い日が続いていますから気を付けてください。

博物館のカフェの記事、お読みいただきありがとうございます!
模糊さんはやちむんの作家さんの作品をお使いでしたね。
通ったら色々な作品に出会えるかなと、楽しみになります。

応援、ありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by travelertsubotomo | 2018-01-28 19:12 | 沖縄 | Trackback | Comments(6)

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。旅行ガイドメディア トラベルジェイピー・ナビゲーター。国内旅行業務取扱管理者。ジュニア・ティーアドバイザー(ChaTea紅茶教室)


by tomo
トラベルジェイピー・ナビゲータープロフィール


にほんブログ村

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30