マカオ1日街歩き(2)祥記麺家での昼食と世界遺産巡りの続き

朝からお昼までのマカオの世界遺産と街並み散策は一旦中断し、お昼ご飯を食べに、福隆新街へと移動しました。
d0362541_16281392.jpg
この福隆新街、ガイドブックにも掲載されている通りで、じっくり歩くと写真を撮りたい!っていう被写体が色々あるみたいでしたが、空腹だったのと、世界遺産を巡るのを優先してしまったので、ささーっと通っただけでした。帰国してからしまったー!と後悔。
建物の窓枠や扉は赤く塗られていて、独特の雰囲気があります。昔はマカオきっての歓楽街だったとか。
d0362541_16281276.jpg
その福隆新街を抜けた先に、お昼に伺った祥記麺家がありました。ことりっぷやるるぶに掲載されている他、さまざまな雑誌に紹介されているようで、お店の窓に、雑誌の切り抜きがいくつも貼られていました。14時近くだというのに、店内は満席!狭い店内は丸いテーブルを囲んでお客さんがぎゅうぎゅうになっている印象でした。もちろん相席です。
d0362541_16281242.jpg
注文したのは、雲吞麺と蝦子撈麺です。蝦子撈麺は、エビの卵を塩辛風に味付けしたものを細麺と絡めて食べる麺料理です。ガイドブックに掲載されているのを見て、とても気になっていた料理の一つでした。
d0362541_16281258.jpg
塩辛味のエビの卵の旨みと、硬くてしっかりした歯ごたえのある細い麺との相性が抜群!これはおいしい!お値段は42MOPなので、1パタカ16円で計算すると約672円でした。
d0362541_16281337.jpg
雲吞麺もこれまたおいしい。麺は同じく歯ごたえのある細い麺です。エビがたっぷりのワンタンがぷりぷりで最高においしかったです。こちらは20MOPでした。(約320円)価格を比較すると、エビの卵の和え麺って高級なんですね。エビの卵が高級なのかしら?

食後は、再び世界遺産巡りです。
d0362541_16281312.jpg
石畳の道にデザインされたお魚。私はポケGoのコインキングみたい♪と思って、「コイキングちゃん」と呼んでいました(笑)
d0362541_16281440.jpg
午後、最初に見た世界遺産は、三街會館です。ずーっと見てきた世界遺産がヨーロッパの雰囲気いっぱいだったので、あれ?!となりました。中に入ると赤を基調とした祭壇がありました。
d0362541_16281417.jpg
続いて訪れたのは、ドン・ペドロ5世劇場です。ミントグリーンの外壁がきれいな劇場です。中の見学も可能です。ここは現在もコンサート等が催されているようです。世界遺産で演奏が聴けるなんてスゴイ。
d0362541_16281494.jpg
劇場の向かいには聖オーガスティン教会がありました。こちらはクリーム色の外観がきれいな教会です。こちらも中の見学ができるようなのですが、訪問した時は柵があり、中には入れないようでした。
教会のすぐそばには、おそらく聖オーガスティン広場がありますが、「ここ!」という場所が分からず・・・。どこだったのだろう?
d0362541_16281486.jpg
ロバート・ホー・トン図書館です。ここは聖オーガスティン広場内にある図書館だそうです。広場っぽいところなかったけどなぁ~?と帰国後、写真を見返しながらも感じます。また訪れなくては。
こちらの図書館は、今でも使われていて、このパステルカラーの建物の奥に、新たに別で建物が作られており、一緒に使われているようでした。
d0362541_16290417.jpg
こちらもクリーム色がきれいな教会、聖ローレンス教会です。マカオの教会の外壁はクリーム色がほとんどだなぁという印象です。教会の中の見学ができました。ステンドグラスが素敵だったなぁ。お祈りされている方がいらっしゃったので、撮影はしませんでした。

聖ローレンス教会のすぐそばに、ドリンクのお店があったので、ここでちょっと水分補給を。
d0362541_16290352.jpg
GONG CHA貢茶は台湾のお茶のお店で、日本でも表参道や原宿にお店があります。
メニューを見るとコーヒーやお茶がいくつかありましたが、お茶はどれも甘そう。ふと、台湾茶の横に「black tea」と書かれているドリンクが目に入ったので、これなら甘くないだろうと、台湾のお茶、凍頂烏龍茶にしました。
d0362541_16290397.jpg
全くもって私の中では謎なのですが、「black tea」と書かれていたにも関わらず、砂糖入りで甘いというこのお茶。かえって喉が渇くのですけどー!!
甘いお茶が人気なのでしょうかね?
d0362541_16290471.jpg
甘いお茶で水分補給後は、再び世界遺産巡りです。こちらはリラウ広場という場所です。ベンチで人々が休憩していたり、こんな風に写真撮影していたり。マカオの人達の憩いの場といった雰囲気でした。
この広場の周りはヨーロッパの雰囲気がいっぱいの建物や通りがありました。この辺りは1500年代半ば頃から、ポルトガル人が住み始めた場所なのだそうです。
d0362541_16290429.jpg
リラウ広場の近くに、鄭家屋敷がありました。こちらも世界遺産で、孫文や毛沢東に影響を与えた思想家、鄭觀應のお屋敷跡だということです。4000平方もの敷地面積があるようで、お屋敷跡というか、広すぎてちょっとした集落といった印象でした。
d0362541_16290466.jpg
パステルイエローの外壁が素敵なこちらは、港務局という建物です。かつてマカオの治安を守るため、インドのゴアから派遣されてきた兵士たちの宿舎として使用されていたとの事です。こちらは外の回廊を見ることができました。
d0362541_16290502.jpg
回廊は白壁が美しく、風通しも良いから、南欧の避暑地にでもいるような気分になりました。
d0362541_16290510.jpg
私が、今回の世界遺産巡りのゴールに設定した、媽閣廟(マァコッミュウ)と、模様がきれいな石畳の広場、バラ広場です。この寺院の名前、マァコッミュウはマカオの名前の由来と言われています。
d0362541_16290675.jpg
バラ広場はなかなか広くて、観光客もいるし、地元の人もここに集まってくるのかなぁという印象でした。
d0362541_16290527.jpg
媽閣廟の中で見つけたきれいな飾りは、おみくじかなぁ?絵馬かなぁ?敷地の一角に吊るされたコーナーがありました。

午後の世界遺産巡りは、11か所、午前中に回った9か所と合わせて20の世界遺産に立ち寄ることができました。30ある世界遺産にできるだけ立ち寄ろうと計画したのですが、3分の2しか回れませんでした。
このあと、夕食を頂くためレストランに行きましたので、その後に残り立ち寄れたら行くこととしました。




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
↑クリックありがとうございます♪

インスタやってます。趣味全開ですが・・・。遊びに来てね→

今更感満載で、アカウント作っていませんでしたが、ツイッターも始めてみました。超初心者で何が何だか(汗)→


うちは「ことりっぷ」と「るるぶ」の2冊持ち。スキミング防止に。
チャック付きの小銭やスーツケースの鍵が入れられるスペースがあって便利♪



[PR]
トラックバックURL : http://travelertsubotomo.exblog.jp/tb/24270424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rabi at 2017-05-29 12:22 x
マカオ、いいですね♪
中国なのにポルトガルのテイストが一杯、すごく不思議な気分になります。

以前、私が行った時は暑い時期だったのですが、写真を撮る為にゆっくり歩いて散歩をしました。
実は6月に台北と香港に行きますが、今回はたぶんマカオは行かないかな~^^;
まだ検討中です。

しばらくはtomoさんのお写真を堪能しよっと!!
Commented by mokonotabibito at 2017-05-30 14:22
マカオの街角スナップ&グルメという感じで、良いですね。
とても興味深く拝見しました。

石畳の道にデザインされたお魚写真はモザイク画のようで、私は思わずイスラエルの「パンと魚の増加の教会」の祭壇を思い出しました・・・
↓これです。
http://mokotabi.exblog.jp/22010363/


「black tea」というのは、「白くない」すなわちミルクの入っていない茶ということですから、甘い味付けでも虚偽表示とは言えないかと思います。
私は、インドネシアで緑茶のペットボトルを買ったのですが、なんと砂糖が入っていて閉口しました(笑)

応援ポチ♪
Commented by マハロパパ at 2017-05-30 15:34 x
>蝦子撈麺は、エビの卵を塩辛風に味付けしたものを細麺と絡めて食べる麺料理です。
これは珍しくて、おいしそうですね。
ただ、エビの卵ってのは貴重品で高価なのでしょうねえ。
でも、一度はたべてみたいですねえ。

追伸。
自宅のPCからはコメント可能なのですが、
スマホからはうまくいきませんでした。
なので、次の書き込みは半月先になりそうです(笑)
Commented by セレンディピティ at 2017-05-31 15:18 x
中華風の町並みも、ポルトガル風の町並みも
どちらも雰囲気があってすてきですね。
このまま映画のセットとして使えそうですが、
世界遺産となると、いろいろ難しいかもしれませんが。
お料理もおいしそうですね~ 海老の卵はカラスミみたい。
塩辛風というと、海老味噌で味付けされているのでしょうか。
いい旨味になっているのでしょうね。
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-31 18:59
rabiさん

マカオはすっかり気に入ってしまいました。
今まで行かなかったのがもったいないって思います。
中国文化の中にあるポルトガル文化が素敵で、東西の融合が素敵と感じました。

来月台北と香港ですか!いいですねぇ~♪
おいしいものや街の写真がいっぱいの旅行記、楽しみにしています!
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-31 19:13
模糊さん

私がマカオで見つけた、石畳にデザインされたお魚は、模糊さんが撮影された「パンと魚の増加の教会」のモザイク画ととても似てますね!
記事もとても面白かったです。私が行ったことのない場所だからとても新鮮でした。

ところでblack teaって、私は砂糖もミルクも入っていないお茶なのかなと思っていましたが、なるほど、確かにミルクなしだから「black tea」ということですよね。
外国ではあまり通じないと聞いたことがあるから、確かに、私が砂糖抜きの意図で「black tea」下さいと言っても砂糖入り、ミルク無しが出てきたら、それは「通じていない」ということですよね。

インドネシアのペットボトル緑茶は砂糖入りですか!衝撃です。
私は北京でサントリーの烏龍茶のペットボトルを買ったら砂糖入りでした・・・(汗)

応援、ありがとうございます!
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-31 19:19
マハロパパさん

蝦子撈麺は日本では馴染みがないですよね。
エビ自体、なかなかの高級品ですから、卵はやっぱり高級品なのかもしれませんね。
歯ごたえのある細麺との相性が絶妙で、とてもおいしかったですよ!

スマホからコメント書き込みができないのですね。
失礼しました。ちょっと調べてみます。
ご旅行、お気をつけて行ってらっしゃいませ!
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-31 19:23
セレンディピティさん

中国の昔ながらの街並みも、ポルトガル文化が色濃く残った街並みも、どちらも素敵でした。
マカオの街歩きは本当に楽しかったです。
そのままセットで使えちゃいそうですよね。

エビの卵がトッピングされた麺は、あんまりエビっぽくなかったけれど、塩気が効いてとてもおいしかったです。
また食べたい料理の一つです。はー、マカオ行きたい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by travelertsubotomo | 2017-05-28 18:29 | マカオ | Trackback | Comments(8)

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。


by tomo
トラベルjp<たびねす>のプロフィール


にほんブログ村

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31