マカオ1日街歩き(1)世界遺産とコロニアルなラザロ地区

旅行ガイドメディア、トラベルjp<たびねす>に『世界遺産もコロニアルな街並みも!マカオの必見スポット4選というガイド記事を掲載して頂きました。
マカオは香港と合わせて訪れる人も少なくないのかなと思い、最低限寄っておきたい場所をピックアップしました。
「マカオの歴史地区」として30もの建築物や広場が世界文化遺産に登録されているマカオ。できれば30の遺跡と広場を全て見たいところですが、限られた時間だとなかなか全て回ることは難しいのかなと思います。
半日あれば回れるだろうスポットを紹介していますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

マカオ観光に1日時間が取れるなら、世界遺産とヨーロッパの風情残る街並みを見るためには、どう回れば良いかを検討しました。それについては旧ブログにて紹介しています。(→マカオ街歩き!30もの世界遺産を効率良く巡るルートって?!

マカオについては旧ブログで紹介させて頂きましたが、その時は「世界遺産」「食事」「街並み」と分けて紹介しましたので、今回は、私がまる1日マカオを歩き回ったルートそのまま時系列で紹介させて頂きます。長くなりそうだから、何回かに分けてお届け予定です。
d0362541_12372895.png
マカオの世界遺産は、コンパクトにまとまっていて、上記地図内に全て収まっています。1日あれば歩いて回れます。スタート地点をどこにするかは、その日の予定や宿泊場所などにより様々だと思います。
私が設定したのは、世界遺産の(1)ギア要塞から、(4)媽閣廟を巡るルートです。途中でヨーロッパの街並みが素敵なラザロ地区を散策し、その後は再び世界遺産巡りでした。
d0362541_12361031.jpg
まず最初に訪れたのは地図の(1)のギア要塞です。ここはマカオで一番の高台にあるので、タクシーで行くのがオススメです。私が行ったのは1月だったので、気候的には歩けなくもないけれど、坂道だし、特に暑い季節はタクシーが無難です。
朝9時過ぎに見学したからか、観光客は少なくて、ゆっくり見学できました。
d0362541_12361010.jpg
高台にあるギア要塞、マカオの街が一望できます。高層マンションかな?意外に高いビルがあるなぁと思いました。
見晴らしが良いから、夕日を見るのもいいのではないかなと思います。その際は見学時間にご注意を。17時半に閉門します。

d0362541_13543162.jpg
ギア要塞見学後、歩いて、ヨーロッパの面影が素敵なラザロ地区へ向かう途中、朝ごはんを食べました。お店は何軒かあったのですが、どこもローカル色が濃くて、なかなか入りずらい・・・。こちらは中から女性の店員さんが出てきて、一生懸命説明してくれたので、じゃあここでいいかと入ってみました。
d0362541_13535000.jpg
メニューは広東語ですが、店内の壁に写真入りで紹介されていたので、写真を見ながら選びました。こちらは「干炒牛河」という麺料理です。牛肉入りで朝からがっつり。お粥やスープのメニューもありましたから、胃に優しいものが食べたい方でも大丈夫かな。
お値段は33MOP(マカオ通貨:パタカ)でした。1MOP≒1香港ドル=約16円で計算すると、だいたい530円くらいです。

店舗名:荷蘭園麺館
住所:85 Av. do Conselheiro Ferreira de Almeida, マカオ
エキサイトさんの地図リンクできなかったので、お手数ですが、探してみてください。

食後は、ヨーロッパの雰囲気が色濃く残るラザロ地区へ向かいました。
d0362541_12361024.jpg
こちらは馬忌士街(マーゲイシガイ)と言う名の通りです。石畳の道にパステルイエローの外壁が素敵な建物が並びます。その外壁に設置されたアイアンがくるんとなったオシャレな街灯、そして車の縦列駐車までもがヨーロッパの街並みを思わせます。
絶対にカメラに収めたいフォトスポットですが、この馬忌士街(マーゲイシガイ)、バイクや車がバンバン通ります。撮影の際は充分に気をつけてください。
d0362541_12361101.jpg
馬忌士街(マーゲイシガイ)を進むと、瘋堂斜巷(フントンジェホン)と交差します。こちらがラザロ地区のメインストリート。ここにはマカオでも最古の教会の一つに挙げられる聖ラザロ教会があります。教会の横には学校があるようでした。
日曜日でしたが、学校も教会も人の出入りがありました。教会は観光客の私も入ることができましたが、お祈りしている人たちが多くいらっしゃいましたので、邪魔にならないよう、教会内の撮影は遠慮しました。


d0362541_12361195.jpg
ラザロ地区の散策を終えて再び世界遺産見学へ。ラザロ地区を抜けるとすぐに中国らしい街並みとなります。
d0362541_12361169.jpg
マカオ散策中、あちらこちらでこのようにお線香が置かれている場所がありました。神様がいらっしゃるのかな?
沖縄でも神聖な場所として、御嶽(うたき)が色々な場所にあり、お参りされている方々がいらっしゃいます。そんな聖なる場所なのかなと思います。
d0362541_12361217.jpg
緩やかな坂道を登って行くと、もうすぐ次の世界遺産です。
d0362541_12394240.jpg
モンテの砦は、砲台のレプリカがずらりと並び、かつて軍事施設としてマカオを守っていた面影が残る場所です。砲台の銃口は、マカオの街に向けられていて、レプリカとは言え、なかなかの迫力です。
d0362541_12394323.jpg
高台にあるモンテの砦から、次の世界遺産へ向かうためには坂道を下る必要がありますが、モンテの砦敷地内にあるマカオ博物館のエスカレーターを利用することができます。このエスカレーター、ぜひ利用しましょう!特に、下からモンテの砦へと向かう場合、坂道はしんどいから、ぜひぜひ利用したいところです。私が設定したルートと逆ルートで見学する方には絶対にオススメです!
d0362541_12394123.jpg
マカオ博物館のエスカレーターから遺跡発掘地域を道なりに歩いて抜けると、突如目の前に現れるマカオのシンボル、聖ポール天主堂跡!当時、ローマ以東で最も美しい教会と称された教会ですが、火災でファサードと呼ばれる正面壁以外焼失してしまいました。
ですが、正面壁だけでもこの圧倒的な存在感。目の前で見ると感動します。
こちらは最初に載せたマカオ地図の(2)の場所です。
d0362541_12394352.jpg
聖ポール天主堂跡の前に広がるのが、イエズス会記念広場です。こちらは日中、多くの観光客で賑わっていました。
私はモヤモヤ撮影画像事件で心ここにあらずな状態でしたが(汗。しょうもない事件ですが、興味がある方は→)。
d0362541_12394137.jpg
イエズス会記念広場から、最初の地図(3)セナド広場へと向かいます。こちらの通りはとても賑やかで、お土産屋さんやスポーツ用品のメーカーのショップ、化粧品屋さんなどなどがずらりと並んでいました。あまりの人の多さと、どこも同じようなお土産屋さんが並ぶ様に、スルーしてしまいましたが、マカオ土産はこの通りに色々あったのでしょうかね?!
やたらジャーキーの試食を勧めるお店ばかりが目に入りましたが、マカオの名物エッグタルトを売るお店もありました。
d0362541_12394118.jpg
人混みを抜けると、レモンイエローの外壁の教会が見えました。聖ドミニコ教会です。教会の中も見学できます。
d0362541_12394227.jpg
聖ドミニコ教会からセナド広場へと続く場所に広がる、聖ドミニコ広場。どこから聖ドミニコ広場で、どこからセナド広場なのかはよく分からず(汗)旧正月前だったので、中国提灯が飾られていてカラフルでした。
d0362541_16002829.jpg
波状の石畳が美しいセナド広場です。旧正月前で、何か作業中?という中央が残念ですが。普段はどのような姿なのでしょうか。これはまた訪問しなくては。
さて、セナド広場周辺には、世界遺産がいくつか集まっています。
d0362541_12360989.jpg
白い外観がきれいな仁慈堂は、福祉施設として利用されていた建物です。現在は1階が公証役場、2階が博物館で、中の見学ができるようです。訪れた時間がちょうど昼休みの時間だったから、残念ながら見学できず。2階に行けるなら、セナド広場を見渡せそうだから、今度はぜひ中の見学をしたいです。
d0362541_12394245.jpg
セナド広場の向かいにあるのは、民政総署です。こちらも白壁がキレイな外観です。
d0362541_16254474.jpg
中は、南欧の雰囲気が感じられる青いタイルが白壁と合っていてとても美しかったです。
朝9時から観光を始めて、ここまででだいたい13時半くらいとなりました。途中、立ち寄らなかった世界遺産が数か所ありますが、この時点で9か所見ることができました。観光地でのランチは時間をずらすのが賢明かと思いますので、ここで、世界遺産巡りは一旦中断して、お昼ご飯を食べることにしました。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
↑クリックありがとうございます♪

インスタやってます。趣味全開ですが・・・。遊びに来てね→

今更感満載で、アカウント作っていませんでしたが、ツイッターも始めてみました。超初心者で何が何だか(汗)→


うちは「ことりっぷ」と「るるぶ」の2冊持ち。スキミング防止に。
チャック付きの小銭やスーツケースの鍵が入れられるスペースがあって便利♪



[PR]
トラックバックURL : http://travelertsubotomo.exblog.jp/tb/24238789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mokonotabibito at 2017-05-25 21:00
マカオ街歩き、良いですね。
こうして地図を頭に入れながらも、自由に歩き回るのが旅の醍醐味ですね。
ポルトガルの香りと中国の雰囲気が混じりあって独特の世界です。

私は20年くらい前に旅したのですが、当時は香港より薄汚い町で、カジノだけが豪華だった印象でした。
香港から船で行ったのですが、入国が非常に混み合い大変でもありました。

今はちょうど良いレトロ感のあるエキゾチックで素敵な町になっていますね。
懐かしくもあり、様変わりというか変化も感じられます。
新編集のマカオ旅案内、これからの展開を楽しみにしています。

<たびねす>の旅ライターデビュー、おめでとうございます!
さっそく<たびねす>のマカオ記事を読ませていただきました。
最初は時間給換算では儲からないかも知れませんが、積み重ねですので、お好きな分野でもあり、楽しくチャレンジしていきましょう。
ご活躍をお祈りしています。
Commented by マハロパパ at 2017-05-25 21:54 x
見直してみると、マカオはほんとに見所が多く、しかもギュッとつまっているので、観光にはもってこいですね。
Commented by つちくれ at 2017-05-26 17:15 x
マカオ、ずいぶん昔に行ったっきりでしたが、tomoさんの記事を見てまた行ってみたくなりました。
昼間は人が多いでしょうから、普通に観光するとして撮影は日の出前後の時間帯と夜でしょうかね~。
そうなると何日かかるだろう。
想像するだけでワクワクします^^特に坂道とアパートでしょうか、少し雑然とした雰囲気の所、撮ってみたくなりました。
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-26 18:23
模糊さん

マカオ初めてだったのですが、街歩きがとても楽しかったです!
事前に調べていたこともあり、ほぼ計画通りに回れたので良かったです。

マカオはおそらく2005年の世界遺産登録前に、街をキレイにしたのかなぁ?と思いました。
私もカジノの印象がとても強くて、まさかこんなにポルトガル文化が色濃く残っているとはと驚きました。
模糊さんがおっしゃる通り、レトロとエキゾチックがうまく調和していて、散策が楽しい街でした。

たびねすの記事、早速お読み頂きありがとうございました。
まだまだ文章が陳腐なのですが、まずは書いてみようと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-26 18:25
マハロパパさん

マカオは見所がコンパクトにまとまっているので、観光するにはとても良いと思います!
世界遺産がたくさんなので、見応えがあるのも旅行者には嬉しいです。
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-26 18:30
つちくれさん

マカオにご旅行されたことがあるのですね!
日本とは全然違う景色なので、撮影が楽しいと思います。
世界遺産は日中、観光客が多いのですが、それ以外、移動で利用した路地はほとんど人がいませんでしたよ。
つちくれさんが気になるとおっしゃって下さった坂道とアパート(集合住宅?)の通り、人には会わなかったのではなかったかなぁ?というくらいです。

せっかく訪れるのだし、滞在日数を確保できるならば、ぜひ数日かけて観光したいところですよね。^^
Commented by セレンディピティ at 2017-05-28 12:17 x
こんにちは。
マカオ、いろいろな魅力のつまったすてきな街ですね。
日本からも近くて気軽に行けそうですし、私もいつか訪れたいな~と思いました。
その時にはtomoさんのガイドを参考にしますね☆

「たびねす」の記事も拝見しました。
写真がきれいで、記事もコンパクトにまとまってて読みやすいです。
tomoさんのお人柄も感じられる、すてきな記事になっていますね。
おめでとうございます☆
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-28 16:46
セレンディピティさん

マカオは街並みがとても素敵だなぁと感じました。
ヨーロッパの雰囲気が好きな私は、特に気に入りました。
日本から行くとなると、ヨーロッパは時間がかかる分、マカオは気軽に行ける点も嬉しいです。
ガイドが参考になれば良いですがー・・・。

たびねすの記事、ご覧頂きありがとうございます!
まだまだ写真も文章も頑張らなくてはいけないところ、嬉しいコメントありがとうございます!
記事を書くことが決まったのに、療養中で動けないのが悔しいのですが、
1日でも早く次の記事が書けるように、色々なところに行きたいなぁと日々妄想しております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by travelertsubotomo | 2017-05-25 19:35 | マカオ | Trackback | Comments(8)

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。


by tomo
トラベルjp<たびねす>のプロフィール


にほんブログ村

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31